大学中退

大学中退者がベンチャーに入るのは正解か?【経験者が解説】

2019年9月14日

MAC

大学中退後、就職先としてベンチャー企業に興味がある人へ

 

この記事を読んでいるという事は既にかなりベンチャーに魅力を感じている人かと思います。

 

きっと、色々と情報収集して大学中退者にとってベンチャーはメリットがありそうだと分かっている。

 

でも、最後の一押しが欲しい。

 

そう思っていませんか?

 

本記事ではこのような情報を提供いたします。

 

  • 大学中退者はベンチャーに入るべきか?
  • 大学中退者がベンチャーに入るべき理由は?
  • 大学中退者の私がITベンチャーに入ったらどうなったか?
  • 大学中退者がベンチャー企業に入る方法

 

どうも、陽翔@engineer_yosyo)です。

私も大学中退者ですが、現在は外資系ITベンダーでエンジニアをしていて年収1000万以上を稼ぐ事が出来ています。

 

中退後、20歳のときにアルバイトとしてITエンジニアになり派遣社員やフリーランスを経て、27歳に時にITベンチャーに入社して人生で初めて会社員となりました。

 

ベンチャーに入った事が人生の逆転のきっかけとなり、そこそこ成功と言える年収を稼ぐ事が出来るようになりました。

 

この記事を読み終えると「大学中退者こそベンチャーに行くべきだ」という事がそのメリットと共に理解する事が出来ますよ。

 

5分程で読める記事となっています。

是非、最後までお付き合いください。

 

おすすめ記事

エンジニア
【大学中退者がエンジニアを目指す】中退者にとってベストな方法を徹底解説

  大学中退後の生きる道としてエンジニアになりたい、と考えるあなたへ   「大学中退者はどうすればエ ...

続きを見る

就職
大学中退経験者が就職支援サービスを比較→利用して良いのはこの2つだけ【理由も解説】

  大学中退後の仕事をどのように探せばいいのか、分からない。 数ある就職支援サービスのうち、大学中退者はどれを ...

続きを見る

 

 

大学中退者がベンチャーに入るのは正解か?【経験者が解説】

PCとコーヒーカップ

さて、1つずつ丁寧に解説していきます。

 

  • 大学中退者はベンチャーに入るべきか?
  • 大学中退者がベンチャーに入るべき理由は?
  • 大学中退者の私がITベンチャーに入ったらどうなったか?
  • 大学中退者がベンチャー企業に入る方法

 

 

大学中退者はベンチャーに入るべきか?

いきなりですが結論です。

 

大学中退者こそベンチャーに入るべきなのです。

 

つまり大学中退者のあなたが、今ベンチャー企業に興味を持っている事、それ大正解です。

 

 

大学中退者がベンチャーに入るべき理由は?

では、大学中退者こそベンチャーに行くべきと言い切る理由は何か?

 

それは、大学中退者のデメリットを解決する数少ない突破口であるからです。

 

大学中退のデメリット

  • 新卒カードという最強のライセンスの放棄
  • 就職活動・転職活動で不利になる
  • 人生終わった感の中で生きる事になる
  • 生涯賃金が低くなる可能性が大
  • 社会的な信用・評価が下がる
  • 新卒入社で得られるはずだった同期を失う

 

大学中退のデメリットを解決する方法

実はこれら大学中退のデメリットを解消するにはお金を稼ぐしかないんです。しかし、大学中退者はお金を稼ぐのが難しいのです。

 

 

では大学中退者はどうやって稼げばいいの?

大卒者は新卒カードを使い、大企業や上場企業に入るチャンスがいくらでもありますが、我々はその権利を放棄してしまっています。

 

学歴なし職歴もなしの大学中退者を積極的に取りたいと思う企業は普通ないです。

 

つまり、中退者こそはお金を稼ぐべきなのですが、稼ぐための最初の就職で大きくつまずく事になります。

 

陽翔
禅問答のような話なのですが、大学中退者がデメリットを解決して人生逆転するための最大の難所です。

 

大学中退者が人生逆転するには、この状況をいかにして突破していくか?でほぼ決まります。

 

もう気付きましたか?

 

ベンチャー企業は企業価値のわりに人材確保に困っているので、大学中退者にもチャンスがあります。

 

陽翔
大学中退者が人生逆転する為の数少ない突破口なのです。

 

これが、大学中退者こそベンチャーに行くべきと言い切る理由です。

 

 

私の知る限り有効な突破口は数少ないです。

  • 非正規社員(契約社員、派遣社員、フリーランス)として瞬間的に稼ぐ
  • ベンチャーなど企業価値の割りに人材確保に困っている企業に入る
  • 家族や知人の紹介で入れる企業に入る(実はコネは使うべき)

 

因みに、私は少し遠回りをしながらこのようなルートを使いました。

アルバイトとしてワーキングプア

非正規社員(契約社員、派遣社員、フリーランス)として瞬間的に稼ぐ

ベンチャーなど企業価値の割りに人材確保に困っている企業に入る

 

そんなに悪くは無い入り方なのですが、アルバイトと派遣社員の期間があり得ないくらい長すぎ(6年以上)でした。

 

2年くらいでベンチャーに飛び込むべきだったと非常に後悔しています。

 

 

大学中退者の私がITベンチャーに入ったらどうなったか?

私は8年程このITベンチャーに所属しました。

 

今、そこそこの成功を手に出ているのは、このベンチャーに入った事が理由なのは100%間違いありません。

 

1つの記事にするくらいの内容だったので別記事にまとめましたのでこちらをご参照ください。

大学
大学中退者の私がITベンチャーに入ったらどうなったか話すよ

  大学中退後、就職先としてベンチャー企業に興味がある人へ   この記事を読んでいるという事は既にか ...

続きを見る

 

さあ、今すぐはじめよう

ロケット発射

 

さて、本記事はそろそろ終わりです。

 

大学中退者がベンチャー企業に入る方法

 

最後に大学中退者がベンチャーに入る方法をお伝えします。

 

が、すいません。大した内容ではありません。

 

先ほどお伝えしたとおりで、ベンチャーは人材確保に苦労しているので、大学中退者でも普通に転職エージェント経由で入るチャンスがあります。

 

大学中退後の最初の就職でベンチャーを狙う人

ウズウズカレッジがおすすめ

大学中退後に未経験からエンジニアを目指す人向け。大学中退者向けの就職サポート + IT研修が1つになったサービスです。



 

 

大学中退後に別の会社で正社員になり転職でベンチャーを狙う人

マイナビエージェントがおすすめ

 

 

既に年収600万程度のハイクラスの人

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチがおすすめ

 

まとめ

本記事で提供した情報をふりかえります。

  • 大学中退者はベンチャーに入るべきか?
    ⇒大学中退者こそベンチャーに入るべき
  • 大学中退者がベンチャーに入るべき理由は?
    ⇒大学中退者のデメリットを解消する為には稼ぐ必要があるが。中退者は稼ぐのが難しい。
     ベンチャーはこの最大の難所の数少ない突破口だから。
  • 大学中退者の私がITベンチャーに入ったらどうなったか?
    ⇒人生逆転してそこそこの成功を手に入れるきっかけとなった。
  • 大学中退者がベンチャー企業に入る方法
    ⇒上記のとおり。ベンチャーは入社のハードルが低いので大学中退者にもチャンスはある。

 

本日はここまでとなります。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

大学中退者の方、大学を中退しようと考えている方へ

どうにかして有用な情報を発信したいと考えています。ブログのコメントかツイッター(@engineer_yosyo)のDMでいつでも質問など受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ記事

大学
大学中退から人生逆転する方法【考え方~具体的な戦略を解説】

  大学中退者が人生逆転する為に必要な情報をまとめました。   本記事の想定読者 大学に通う意味を見 ...

続きを見る

 

 

-大学中退

Copyright© 陽翔キャリア , 2020 All Rights Reserved.