大学中退

大学中退後に公務員を選ばなかった3つの理由【公務員のリアルも公開】

都庁

 

大学中退して公務員になるべきかどうか悩む人「公務員の安定したイメージは魅力的に感じる。大学中退後に公務員という仕事を選ぶ事は正解かどうか知りたい。」

 

って思っていませんか?

私も大学中退後の仕事として、公務員になる事を考えたので良くわかります。

 

 

ところで、本当に公務員の「仕事そのもの」に魅力を感じていますか?

 

 

どちらにせよ、公務員の道をすすむかどうかはこの記事を読んでから決めても遅くないですよ。

 

 

この記事は最終的に『大学中退後に公務員になる事を選ばなかった』私の目線で書いています。

 

世の中の情報が「大学中退後に公務員=正解」に偏り過ぎでそこに違和感を感じたからです。失敗したくなければ、「大学中退後に公務員=不正解」という意見も知った上で、どうするかを判断した方が良いですよ。

 

 

本記事の内容

  • 大学中退後に公務員を選ばなかった3つの理由
  • 公務員のリアルを公開【割と知られてない3つの事実】
  • 本当に公務員になりたいの?【不安だから公務員を選ぶのは間違い】

 

どうも、陽翔@engineer_yosho)です。簡単に自己紹介いたします。

  • 私も大学中退しています。
  • 中退後、社会に出て20数年が経ちました。
  • 私は現在、外資系のIT企業で年収8桁を頂いています。
  • 近しい親族に公務員が何人かいて、内部事情には少し詳しいです。

 

つまり私は大学中退後、20数年後の未来の一例という事になります。(公務員を選ばなかった方の未来です。)

 

この記事には、大学中退後に公務員の道を考えるすべての人に知って欲しい内容を詰め込みました。

 

是非、最後までお付き合いください。

 

 

まとめ記事

 

 

大学中退後に公務員を選ばなかった3つの理由

公務員

 

繰り返しですが、私は大学中退後に公務員を選びませんでした。そしてITエンジニアの道を選んでいます。

 

まずこの章では「公務員になる事も考えた私が、なぜ最終的に公務員を選ばなかったのか?」その3つの理由を解説いたします。

 

大学中退後に公務員を選ばなかった3つの理由

  • 大学中退しても稼ぎたいという野心があったから
  • 専門的なスキルが身につかないように思えたから
  • 都内在住なので仕事の選択肢がたくさんあったから

 

 

大学中退しても稼ぎたいという野心があったから

大学中退しても稼ぎたいと思っていました。だから公務員を選びませんでした。これが一番の理由です。因みに目標年収は1000万でした。

 

一般的な公務員の収入は安定しているけど少し低めです。「よっしゃ、めっちゃ働いて、めっちゃ稼ぐぜー」って事で公務員になる人はいません。1000万プレイヤーの公務員なんて聞いた事ないですし。

 

国家公務員のキャリア組で出世すればかなり高い年収を得る事も可能ですが、大学中退者ではキャリアと呼ばれる区分の試験を受ける事すらできません。つまり大学中退で公務員になっても稼ぐ事は不可能です。

 

大学中退したけど、稼ぎたいという野心がある人は公務員を選ぶべきではありません。

 

給料は民間企業の平均よりも少し下

世の中のイメージどおりの年収設定です。公務員の給料は国民が納める税金でまかなわれています。この事実から公務員の給料設定というのは民間企業の平均を目安に少し下に設定されているらしいです。

 

つまり「底辺というわけではないけど、やっぱりちょっと低め」という事になります。

 

 

人の3倍働いても3倍の給料にはならない→年功序列

こちらも世の中のイメージどおりです。公務員で人の3倍働いて3倍の給料をもらう、というような事は出来ません。もろに年功序列の世界です。

 

自分よりも先達の給料を抜く事は出来ませんし、昇進していくにもポストが開くのを待つ、という従来の年功序列の世界です。

 

 

転職しながらキャリアアップして年収もあげて行く→公務員ではできない

大学中退後の就職で希望するような仕事に就けるとは思っていなかったので、下積みから初めてスキルアップし、必要に応じて転職しながらキャリアアップしようと考えていました。

 

しかし、公務員で転職?って疑問がありました。ある区役所から別の区役所に移るのが転職?いや違うよね。それってただの異動だよね。

 

少なくとも別の職場に変わったからといって、給与水準や評価軸が変わるわけじゃないはずなので、転職しながらキャリアアップという戦略が取れないのです。

 

公務員から民間企業への転職もなくは無いですが、それであれば最初から民間企業へ入れば良くて、安定を求めて公務員になる事とそもそも矛盾します。

 

 

専門的なスキルが身につかないように思えたから

大学中退というハンデを背負った上で稼ごうと思ったら、学歴では勝てないわけだから、大卒者にも負けないような専門性・スキルが必要と考えていました。

 

一般的な公務員の仕事では専門的なスキルを身につける事は難しいです。

 

そもそも公務員になるとどんな仕事をするのかが全然想像できなかったんです。安易に想像できるのは「区役所とかの職員とか?」くらいの知識しかありませんでした。

 

稼ぐための専門的なスキルが身につくとはどうしても思えず、中退しても稼ぎたいという野心があった私には、どんな仕事をするのか?というのはすごく重要でした。

 

ですので、大学中退後に公務員の道を選択しませんでした。

 

詳しくは後述するのですが、公務員の仕事は区役所職員以外にも勿論たくさんあります。

 

しかし専門的なスキルがつけられる仕事に就く事はなかなか難しいです。一般的には数年おきに異動があり、全く畑違いの仕事を転々とする、というのが一般的な公務員なのです。

 

大学中退という学歴のハンデを埋める為に専門的なスキルや経験を身につけたいのであれば、大学中退後に公務員を選ぶべきではないです。

 

都内在住なので仕事の選択肢がたくさんあったから

私は都内在住だったので仕事の選択肢はたくさんあったのです。

 

勿論、世間は大学中退者にはそんな甘くはなく、採用される可能性はグッと狭まりますが、それでも民間企業は星の数ほどあるので、就職活動を諦めずに頑張ればどうにかなると考えたからです。

 

逆に、民間企業の数が少ない地域に住んでいた場合、一定数の求人があると思われる公務員は有力な候補になったとは思います。

 

ここは住んでいる地域、仕事で通える地域の民間企業や求人の数で考えてみると良いと思います。

 

公務員のリアルを公開【割と知られてない3つの事実】

公務員

 

私は公務員にはなりませんでしたが、近しい親族に公務員が複数人います。彼ら・彼女らから公務員の内部事情が漏れ聞こえてくるので外部の人間としては少し詳しいです。

 

その中で世の中一般的には余り知られていないけど、大学中退後に公務員を考える人が知っておくべき事実を3つ紹介いたします。

 

大学中退後に公務員を考える人が知っておくべき事実を3つ

  • 公務員は学歴が重視され、大学中退(高卒)は出世は難しい
  • 仕事が楽で毎日定時で帰宅なんかではない(そんな仕事はごく一部)
  • 数年後ごとに異動があり、やりたい仕事を選ぶ事は出来ない

 

さて、それぞれ、大学中退者という立場で解説を加えていきます。

 

注意

地方公務員の場合は地方自治体によって違いがあるようです。あくまで私が観測できる範囲で知りえた非公式な内容となります。(ですが、現役の公務員から漏れ聞こえたリアルな話となります。)

 

公務員は学歴が重視され、大学中退(高卒)は出世は難しい

高卒でも公務員になる事は可能ですが、出世できるのは大卒・院卒だけ。高卒で出世する事は相当に難しい事をご存知ですか?

 

国家公務員の場合、合格した試験によって「キャリア組」と「ノンキャリア組」に明確に区別されます。当然、キャリア組は出世コース、ノンキャリアは昇格できる階級に上限があります。これは割りと一般的に知られているかと思います。

 

そして、学歴で受ける事ができる試験区分が明確に区別されていて、高卒で受けられるのはノンキャリアに属する試験区分のみです。

 

つまり、

大学中退=高卒=ノンキャリア組=出世は難しい

と学歴で明確に決まってしまいます。

 

地方公務員の場合は、キャリア・ノンキャリアという呼び方はしないようですが、基本的には考え方は同じだそうで、「高卒」か「大卒」かで出世できるかどうかがほぼ決まるようです。

 

この事実を大学中退者に当てはめて考えてみるとかなり厳しい現実があります。

 

私は「大学中退者は学歴が出世に影響する仕事を選ぶべきではない」と強く主張しています。理由は、学歴が出世に影響する仕事を選ぶと、一生涯「中退の烙印」を背負う事になるからです。

 

公務員は学歴が出世に影響する仕事です。

 

因みに実力や実績でどうにかなる世界では無いそうです。ここが大学中退の選択としてかなり厳しいかなと思う点です。

 

私は大学中退した時点はこの事実を明確には知りませんでした。どんな仕事でも大卒の方が有利ではあると思いますが、公務員がここまで明確に区別されているとは思ってもいませんでした。

 

「公務員は学歴が重視されて大学中退では出世は難しい」。大学中退後に公務員を選ぶにあたり知っておくべき1つ目の事実です。

 

 

仕事が楽で毎日定時で帰宅なんかではない(そんな仕事はごく一部)

誤解を恐れずに言いますが、公務員の仕事って楽なんだろうなと思っていました。毎日定時上がりで気楽な仕事というイメージ。

 

本当にすいません、これは間違いでした。公務員の仕事はそんなに楽な仕事ではないですね。

 

前述したように公務員の仕事は多岐にわたります。職種や職場によっても違うでしょうけど、毎日定時上がりの仕事をしている人は極一握りのようです。

 

そして一見楽そうに見える区役所・市役所の仕事であっても、国や地方公共団体の職員として仕事をしているのでミスは許されないというプレッシャーがあります。

 

楽そうだから、、という理由で公務員を選ぶと「思っていたのと違う!」という状況になりえます。なぜ公務員になりたいのかはよく考えるべきです。

 

 

数年後ごとに異動があり、やりたい仕事を選ぶ事は出来ない

基本的にはやりたい仕事を選ぶ事は出来ないと考えるべきです。

 

ちなみに、そもそも、公務員になってどんな仕事をするのかって想像つきますか?学校教員や区役所の職員の仕事はイメージしやすいのですが、それ以外の仕事って余り馴染みが無いですよね。

 

少しだけ想像しやすいように地方公務員を仕事を調べてみました。この記事は公務員の仕事を網羅する目的はないので、ごく一部の紹介ですがこんな仕事があります。

  • 区役所・市役所などの職員
  • 公立学校の教員
  • 児童相談所の職員
  • 国立・公立病院の職員
  • 国立・公立図書館の司書
  • 福祉関係の仕事
  • 水道などのインフラ関係
  • 警察や消防

 

私の親族は教育関連から福祉関連に異動になり、そこでも数年経つので、そろそろ別の仕事に異動になるだろうと言っています。

 

エンジニアという専門的な仕事をしている私の感覚では最初は理解できませんでした。

 

民間企業で働く私はキャリアに関して、このような事を考え続けてきました。

  • 将来的にどんな役割でどんな仕事をしていたいのか?
  • そしてどらくらいの年収を得てどんなライフスタイルにしたいのか?
  • そこに至る為にどんなキャリア戦略を立てるか?

 

しかし数年ごとに異動があり全く異なる仕事をする事が当たり前の公務員は、民間企業で働く場合とキャリア構築の考え方が全く違うのです。

 

そもそも「やりたい仕事にする」、「自分のキャリア構築の為に仕事を選択していく」という考え方ではなく、どんな仕事であっても「国や地方公共団体の為に働いている」という考え方が根本的にあるのです。

 

本当に公務員になりたいの?【不安だから公務員を選ぶのは間違い】

真実

 

既にお伝えしたように、私は大学中退して公務員になるか迷いましたが、ITエンジニアの道を選びました。

 

正直、20数年前に公務員を選ばなくて良かった、エンジニアの道を選んで本当に良かったと思っています。

 

収入で全てが決まるわけじゃないですが参考までにこちらのツイートをご覧ください。

 

大学中退のハンデを乗り越えてそこそこの人生を手に入れる事が出来ました。

 

私の仕事に対する志向は「人の3倍仕事をして3倍収入をもらいたい」というタイプなので、明らかに公務員には向いていないのですが、それでも安定感がメリットである公務員になろうか悩みました。

 

理由は「大学中退後の就職が上手くいくかどうかへの不安」、「大学中退後に上手く生きていくべきかへの不安」があったからです。

 

私は公務員の仕事そのものをやりたかったのではありません

 

もし大学中退後の人生の不安を解消したいが為に公務員を選んでしまっていたら、100%人生を後悔していたと断言できます。

 

 

ここで改めて、私からあなたへ質問します。

 

「本当に公務員になりたいと思っていますか?」

 

陽翔
ちょっとでもドキッとしたのであれば、この先しっかり読んでくださいね。

 

まず、この質問をした理由を言います。「大学中退後の人生の不安だからと言って、安定したイメージのある公務員を選ぶのは間違いだから」です。

 

公務員という仕事は舐めちゃいけません。そんな楽な仕事ではないです。国や地方公共団体の為に働きたいというモチベーションがないとやっていけないのではないかとさえ思います。

 

 

もう一度聞きますよ。「本当に公務員という仕事をしたいと思っていますか?」

 

大学中退に対する不安を何とかしたい、安定したものにすがりたい、と思う気持ちは良くわかります。

 

しかし、そんなあなたがやるべき事は、本当はやりたいとも思わない公務員にチャレンジする事ではなく、大学中退者の人生の戦い方を知る事です。

 

こちらに大学中退後の人生の戦い方についてまとめた記事をご紹介いたします。

 

大学中退者の人生の戦い方

大学中退後の最初の就職が最初にして最大の難所です。これを如何に乗り越えるかでその後の人生はある程度決まります。思考停止してフリーターになると危険な理由、大学中退者の就職活動・その後の人生の戦い方をまとめました。

大学
大学中退から人生逆転する方法【考え方~具体的な戦略を解説】

  大学中退者が人生逆転する為に必要な情報をまとめました。   本記事の想定読者 大学に通う意味を見 ...

続きを見る

就職
大学中退経験者が就職支援サービスを比較→利用して良いのはこの2つだけ【理由も解説】

  「大学中退後どうやって仕事を探せばいいのか分からない…」って思っていませんか?     ...

続きを見る

 

大学中退後にエンジニアを目指す人へ

私が人生逆転できたのはエンジニアを選んだからです。その理由と大学中退者がエンジニアになる方法をまとめました。

エンジニア
【大学中退者がエンジニアを目指す】中退者にとってベストな方法を徹底解説

  大学中退後の生きる道としてエンジニアになりたい、と考えるあなたへ   「大学中退者はどうすればエ ...

続きを見る

 

まとめ

 

本記事はそろそろ終了となります。ここまでの内容を振り返ります。

 

大学中退後に公務員を選ばなかった3つの理由

  • 大学中退しても稼ぎたいという野心があったから
  • 専門的なスキルが身につかないように思えたから
  • 都内在住なので仕事の選択肢がたくさんあったから

 

 

大学中退しても稼ぎたいという野心があったから

公務員を選ばなかった最大の理由。大学中退して公務員になっても出世はできない。そして安定しているけど少し年収低め。大学中退しても稼ぎたいと思うなら公務員になってはだめだ。

 

専門的なスキルが身につかないように思えたから

大学中退というハンデに勝つ為に専門的なスキルを身につける事が必要不可欠。しかし、公務員はどんな仕事をしているのか見えなかった。実際には専門知識を身につける事は難しい。(数年おきに様々な現場や部署を転々と異動するのが一般的)

 

都内在住なので仕事の選択肢がたくさんあったから

首都圏に通えるなら民間企業は星の数ほどある。大学中退だと可能性はグッと減るがそれでも必ずチャンスはある。公務員に限定するとむしろ可能性を狭める事になる。

 

 

大学中退後に公務員を考える人が知っておくべき事実を3つ

  • 公務員は学歴が重視され、大学中退(高卒)は出世は難しい
  • 仕事が楽で毎日定時で帰宅なんかではない(そんな仕事はごく一部)
  • 数年後ごとに異動があり、やりたい仕事を選ぶ事は出来ない

 

公務員は学歴が重視され、大学中退(高卒)は出世は難しい

余り知られていないと思うけど公務員は学歴重視。大学中退者が公務員になると「大学中退という烙印」を一生背負う事になる。出世はできないので、頑張れば何とかなるだろう、などと思っていたら痛い目を見る。

 

仕事が楽で毎日定時で帰宅なんかではない(そんな仕事はごく一部)

私も含めて多くの人が「公務員は定時上がりで楽な仕事」と思っている。実際そんな事はない。嫌な仕事もたくさんあるだろうし、国や地方公共団体の仕事という事でミスができないとうプレッシャーもある。楽そうだからで公務員になると後悔する事になる。

 

数年後ごとに異動があり、やりたい仕事を選ぶ事は出来ない

そもそも自分がやりたい仕事、自分が積み上げたいキャリアを積む、という考え方ではない。公務員は、国や地方公共団体の為に働きたいというベースがないと成り立たないだろう。仕事にやりがいを求める人は向かない可能性が高い。

 

 

最後に。

 

私は公務員という仕事を否定しているのではありません。

 

公務員になった親族たちは、公務員を一生涯の仕事として選び、国や東京都の為に働くという高い志を持っています。「楽そうだから」、「安定していそうだから」、そんな安易な考え方で公務員になるのが良くないと言っているのです。

 

「大学中退後の仕事や人生に不安があるから、安定したイメージのある公務員を選ぶ」は問題の解決になっていないのです。

 

公務員の仕事そのものに興味がありやりたいのであれば、もちろん公務員を目指すべきで、それを大学中退の不安と結びつけているとしたらそれは間違っていると思うのです。

 

大学中退後の仕事や人生に不安があるのであれば、それをその不安を解消する為に情報を集めて行動をすべきです。

 

本ブログでは大学中退後の人生をどうやって生きていきかの情報を発信しています。ここにまず最初に読んでもらいたい記事を再掲します。大学中退にまつわる不安が少しでも解消され、今後の人生を生きるヒントになればと思っています。

 

最初に読んでもらいたい記事

大学
大学中退から人生逆転する方法【考え方~具体的な戦略を解説】

  大学中退者が人生逆転する為に必要な情報をまとめました。   本記事の想定読者 大学に通う意味を見 ...

続きを見る

就職
大学中退経験者が就職支援サービスを比較→利用して良いのはこの2つだけ【理由も解説】

  「大学中退後どうやって仕事を探せばいいのか分からない…」って思っていませんか?     ...

続きを見る

エンジニア
【大学中退者がエンジニアを目指す】中退者にとってベストな方法を徹底解説

  大学中退後の生きる道としてエンジニアになりたい、と考えるあなたへ   「大学中退者はどうすればエ ...

続きを見る

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

私はツイッターで大学中退を考える人、中退してその後の人生をどうにかしたいと思う人の相談を受け付けています。大学中退後の就職や生き方に不安があり、相談する人がいない人は、お気軽にご相談ください。(なぜそんな事をするのかはプロフィール欄に書いています。)

 

  • この記事を書いた人

陽翔

大学中退の未経験からエンジニアになり人生逆転しました。現在は年収1000万円以上を稼ぐ外資系エンジニア。会社員のメリットを最大限に活用しながらも、会社への依存度にゼロに近づけつつ、フリーランス並みの収入を得て自由に生きています。大学中退から人生逆転する方法、未経験からエンジニアになる方法、エンジニアとして収入を増やす方法を発信中。詳細は運営者プロフィールをご覧ください。もし、宜しければTwitterのフォローよろしくお願いいたします。キャリアに関する相談を受け付けております。ツイッターのDMもしくは本ブログの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめ記事

就職 1

  「大学中退後どうやって仕事を探せばいいのか分からない…」って思っていませんか?     ...

エンジニア 2

  大学中退後の生きる道としてエンジニアになりたい、と考えるあなたへ   「大学中退者はどうすればエ ...

3

  転職して年収アップしたいです。 ググってみても参考になる情報は余り出て来ないし、どうすれば年収アップできる ...

大学 4

  大学中退者が人生逆転する為に必要な情報をまとめました。   本記事の想定読者 大学に通う意味を見 ...

5

  フリーランスエンジニアを目指す方向けに、発注者目線でフリーランスエンジニアについてまとめた記事です。ググっ ...

-大学中退

Copyright© 陽翔キャリア , 2020 All Rights Reserved.