転職サイト

転職サイト・転職エージェントをフル活用すべき3つの理由【おすすめ】

2019年7月21日

 

初めて転職するエンジニアの方へ

 

初めての転職活動って不安ですよね。

転職は情報戦です。転職サイト・転職エージェントをフル活用して勝ち抜きましょう。

 

どうも、陽翔@engineer_yosho)です。

エンジニア歴20年の中で4回の転職を経験しています。

4回の転職は全て順風満帆だったのではなく、成功も失敗も経験しています。

しかし、結論として私は転職で人生がよくなりました。

現在は外資系ITベンダーでプロマネをしており、年収は1100万程です。

 

これから初めての転職活動を行うエンジニアに向けて、転職サイト・転職エージェントをフル活用すべき3つの理由を、成功例と失敗例を交えながらお伝えします。

 

時間が無い方向けに代表的な転職エージェントのリンクを張っておきます。すべて無料です。

 

本記事の内容

  • 私が実際に利用した転職サイト・転職エージェント【全て無料】
  • 転職サイト・転職エージェントをフル活用すべき3つの理由
  • 私の成功例と失敗例を公開

 

是非、最後までお付き合いください。

さあ、どうぞ。

 

 

転職サイト・転職エージェントをフル活用すべき3つの理由【おすすめ】

転職サイト・転職エージェントを使う事が当たり前になってきました。しかし、なぜ使うべきなのか?いま一度、確認してみましょう。因みに、私は”使う”ではなく”フル活用”を推奨しています。

 

私が実際に利用した転職サイト・転職エージェント【全て無料】

まず最初に私が実際に利用した転職サイト・転職エージェントをお伝えしておきます。本記事を最後まで読まない場合でも、ここで紹介する転職サイトは全て無料なので、まずは登録する事をおススメいたします。

 

なぜ、転職エージェントは無料なのか?

転職エージェントとは、求職者を転職させる事で入社した企業から報酬を貰う仕事です。だから、求職者は基本的には無料でサービスを受けられます。

 

転職エージェントにとってのお客様は転職先企業です

 

これ超重要です。つまり企業の採用活動をサポートする事が転職エージェントの仕事なのです。転職エージェントと良い関係でお付き合いする為に、相手のビジネスモデルや立場を知っておくべきです。

 

言葉を選ばずに言うと、求職者をサポートする事は転職エージェントの本質ではありません。しかし、多くの求職者をお客様である企業にマッチングさせる為に、多くの求職者に利用してもらう必要があります。

 

ですので、結果として転職エージェントは無料で求職者の転職を手厚くサポートするというサービスを行っています。

 

 

なぜ転職サイト・転職エージェントを使うべきなのか?3つの理由

転職サイト・転職エージェントを使うべき理由はいくつもありますが、最大の理由は転職は情報戦だからです。

 

転職をひとことで言うと、転職したいあなたと、中途採用したい企業のマッチングです。このマッチングが上手く行くか、行かないかが転職の成功と失敗に直結します。

 

転職サイト・転職エージェントをフル活用すべき3つの理由

  • あなたの客観的な市場価値を知るため
  • マッチングの成功率を高めるために多くの求人情報から探すべきだから
  • 複数の転職パートナーを得る事で、情報ソースを増やせるから

 

 

あなたの客観的な市場価値を知るため

転職後の給料がどれくらいか、重要ですよね。

転職活動を始めるにあたり、あなたの市場価値を把握するところから初めてください。望む・望まざるに関わらず転職するという事は、転職市場においてあなたはどこに位置するのかを意識する必要があるからです。

 

でも、急に市場価値と言われても困りますよね。

そういう時に転職エージェントを有効活用しない手はありません。彼らは転職サポートのプロです。何百、何千という転職サポートをしてきているので、あなたの市場価値について客観的な意見をくれるはずです。

 

そして、常々言っている事なのですが、複数の転職エージェントを利用してください。転職エージェントの担当者も人間なので「能力の差」、「得意・不得意」、「あなたに合う・合わない」があるからです。

 

 

マッチングの成功率を高めるために多くの求人情報から探すべきだから

転職サイト・転職エージェントを使わない場合、自分の知っている範囲の企業に自分でエントリーする事になりますが、ちょっと想像しただけでもかなり厳しい戦いになる事は安易に想像できますね。

 

  • そもそもあなたの知らない企業にはエントリーしようがない
  • あなたの知っている企業がそもそもあなたのスペックの求人を出しているかどうか分からない
  • 結果、マッチングという観点でとても効率が悪い

 

転職で失敗する人は絶対的に情報量が足りていません。

 

繰り返しですが、転職 = マッチングです。より多くの企業・求人情報から候補を探した方が成功率が高まります。ですので、その情報の宝庫である転職サイト・転職エージェントを使わないという事は失敗する可能性が高いという事です。

 

また、転職サイトに登録すると転職エージェントだけでなくて、企業からもオファーが来ることがあります。この企業からのオファーはチャンスです。

 

なぜなら、転職サイトに登録したあなたのプロフィール、職務経歴、希望条件などを掲載を確認した上でオファーを出しているからです。つまり、企業側からはあなたの経歴はかなり好印象です、という事を言っているわけです。有利に進める事ができそうですよね。

 

 

複数の転職パートナーを得る事で、情報ソースを増やせるから

情報ソースは出来る限り増やすべきです。

 

転職して入ってみたら、思っていた企業と全然違った

 

というのが転職における本当の失敗です。

 

内定がもらえなかったとかは、実はそれほどダメージはありませんが、転職してしまって失敗に気づいたら大ダメージです。人生設計などにも響きますね。それを避ける為の努力は全力ですべきです。

 

情報ソースとはこういうものが考えられます。

  1. 企業サイトの情報
  2. 転職会議などの企業口コミサイト
  3. 転職エージェントからの情報
  4. 転職フェアの企業ブースで得た情報
  5. 転職の面接の場で得た情報(面接官の印象など)
  6. その企業で働く友人・知人からの情報

 

転職エージェントからの情報は複数のエージェントの担当者と付き合う事で増やせます。転職エージェントは色々な企業と取引していますが、付き合いの深さはエージェントごとにさまざまです。

 

ある企業は表面的な情報しかもっていなかったとしても、別の企業は内情までしっていたりします。だからこそ、複数のエージェントを利用する事をおススメしています。

 

 

私の成功例と失敗例を公開

まず最初に分かりやすい例をひとつ。アパートを借りるときどうしますか?

 

アパートを借りたい人は不動産屋に行く

自分でアパートを貸してくれる大家さんを探す人はいませんよね?街中を歩き回ってアパートを探して、電話番号を調べて「今、家賃6万円くらいで空き部屋ありますか?」って電話かける人います?

 

皆さん、実際に不動産屋に行ったり、不動産屋のホームページの検索サービスを利用して自分の条件にある物件を探しますよね。つまり、部屋を借りたい人と部屋を貸したい大家のマッチング機能を不動産屋は持っているわけです。

 

ある不動産屋ではいい物件がなかったけど、何件か回ったらいい物件を見つける事ができたって良くありますよね。マッチングなので数多くの母数の中から探した方が、希望にかなう物件に出会える可能性が高まりますよね。

 

 

同じ事が転職にも言えます。

 

転職サイト・転職エージェントを使わない人は、街中を歩き回ってアパート探すのと同じです。

 

まず、転職で失敗する人は絶対的に情報量が足りていません。

 

転職サイト・転職エージェントを使っていない(=街中を歩き回ってアパートを探している)とか、ひとりの転職エージェントとのみと付き合っている(=一軒の不動産屋にしか入らない)という事をしています。

 

私の成功例

私の直近の転職、つまり現在所属する外資系ITベンダーへの転職のケースです。今までの転職の中で最も満足のいく転職となりました。

 

先ほどお伝えした転職サイト・転職エージェントに全て登録をして、そこから最終的に信頼できる転職エージェント3名とお付き合いしました。

 

具体的な転職エージェントの付き合い方はこちらの記事に書きました。転職で失敗したくない方は必読です。

【エンジニア転職】信頼できる転職エージェントと付き合おう

  転職活動中のあなたへ。利用してる転職エージェントとは上手く付き合えてますか?   人生の大きな転 ...

続きを見る

 

3名の転職エージェントから厳選した企業の提案を頂きつつ、たまに来る企業からの直接オファーの中から条件にあうところ厳選してエントリーをしました。

 

年収の希望条件は1000万以上だったので、その時点で候補となる企業が相当少なかったですが、それでも可能性が高い4社を候補とする事が出来ました。3名にお願いして良かったところは、それぞれがからの提案が全然かぶって無かった事です。

 

つまり、1社にとして付き合ってなかったら、候補として4社は出てこなかったという事ですからね。更に、そのうちの2社は転職先の候補として全く考えた事がなかった企業でした。こういうところが転職エージェントを利用し情報量を増やす事の大きなメリットです。

 

結果として、転職エージェント経由で申し込んだ4社のうち1社と、直接オファーを頂いた1社から内定を貰えました。どちらも条件的にとても納得できるもので年収も100万以上アップするオファーでした。

 

 

私の失敗例

一番最初の転職の時には、転職サイトや転職エージェントをフル活用すべき、という事を全然理解できていませんでした。

 

20代半ばでの話しです。どこかの広告で見た転職エージェントに何となくで面談を申し込んで、大した準備もせずに会いに行きました。担当の人は50代くらいのベテランの男性でしたが、ちょっと高圧的で凄く気後れしました。

 

準備不足という事もありましたが、上司に叱られている様な感覚になり、最終的には希望条件に全然合っていない企業にエントリーしようという話にまでなり、逃げ帰るようにビルを後にした事を覚えています。

 

その後のやり取りでも何か凄く違和感があり、エントリー直前まで行きましたが、転職活動そのものを一回やめました。これが私の一番最初の転職活動でした。

 

複数の転職エージェントに相談していれば、そんな問題すぐに解決しそうですが、その発想ありませんでした。

 

 

 

まとめ:転職サイト・転職エージェントをフル活用する3つの理由【おすすめ】

さて、本記事はそろそろ終わりとなります。簡単にまとめます。

 

私が実際に利用した転職サイト・転職エージェントはこちらです。

 

転職サイト・転職エージェントをフル活用すべき3つの理由

転職をひとことで言うと、転職したいあなたと、中途採用したい企業のマッチングです。

  • あなたの客観的な市場価値を知るため
  • マッチングの成功率を高めるために多くの求人情報から探すべきだから
  • 複数の転職パートナーを得る事で、情報ソースを増やせるから

 

転職は人生における重要なイベントです。失敗するわけには行きません。

 

転職活動は情報戦です。転職サイト・転職エージェントをフル活用して勝ち抜いてください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

-転職サイト

Copyright© 陽翔キャリア , 2020 All Rights Reserved.