大学中退

【大学中退者向け】転職エージェントとの正しい付き合い方【20代編】

大学中退,転職エージェント

 

大学中退者の方へ。私も大学を中退しました。

 

大学中退者の転職活動はなかなかハードです。

 

私は25~26歳の頃に始めて転職エージェントサービスを使いましたが、思うように転職活動を進める事は出来ませんでした。

今回はキャリア経験の少ない20代にスポットを当てて、大学中退者がどのように転職エージェントとうまく付き合い、思うような転職活動を進めていくか、という話をします。

 

これから転職活動をしようと考えている大学中退の方、既に始めているけどなかなか上手くいっていないという方に是非読んで欲しい記事です。

 

おすすめ記事

エンジニア
【大学中退者がエンジニアを目指す】中退者にとってベストな方法を徹底解説

  大学中退後の生きる道としてエンジニアになりたい、と考えるあなたへ   「大学中退者はどうすればエ ...

続きを見る

就職
大学中退経験者が就職支援サービスを比較→利用して良いのはこの2つだけ【理由も解説】

  「大学中退後どうやって仕事を探せばいいのか分からない…」って思っていませんか?     ...

続きを見る

 

 

【大学中退者向け】転職エージェントとの正しい付き合い方【20代編】

大学中退,転職エージェント

 

【20代転職】初めての転職。エージェントの印象は最悪

人生で一番最初に転職エージェントサービスを利用したのは、25~26歳のときでしたが印象は最悪でした。

担当してくれたのはベテランの男性のキャリアアドバイザーの方でした。私の希望条件を見て、概ねこんな事を言われました。

・年収450万はまず無理

・金融業界で上流工程をやれるような会社はまず無理

・コンサルとかマジで無理。何言っての?

 

なんだか上司に叱られているような感じで、違和感だらけでした。あれ?転職エージェントってこういうところなの?と。

そして、面談前に思っていた条件と全く違う企業に応募しましょうとなり、なんだか変な勧誘にでもあった様な気分になりました。

そして、完全に余談です。

その転職エージェントは都内の高層ビルにオフィスを構えていて、仕事後に面談をしに行ったのだけど、嫌な気分で逃げ帰るように立ち去った記憶が今でも残っています。トボトボ帰りました。

その担当の方とは何度かやり取りしましたが、最初に感じた違和感がずっと消えず、まるで流れ作業のように自分の転職先が決められているようで、その時の転職は一度辞める事にしました。

 

今は良く分かります。もし大学を卒業し就職していれば、25歳は3年目。ちょうど第二新卒として転職市場では需要が高いそうです。転職エージェントとしては、そういう人を扱った方が絶対に良くて、当時の私のスペックは比べるまでもないわけです。

  • 大学中退者
  • エンジニア経験としては5年程度
  • アルバイトと派遣社員のみで正社員になった事がない

 

別にその時のエージェントの担当の方を悪くいうつもりはなくて、転職エージェントの事を良く知らなかった自分が悪いのだと思っています。転職エージェントも慈善事業ではないので、全ての案件にすべからく注力するなんて事は無いのです。

第二新卒者であれば普通にやればいいかもしれませんが、当時のようにハードなスペックな人はもっと頭を使ってやるべきでした。

 

第二新卒の需要が高い理由

少なくとも就職できているという最低限のラインはクリアしている事と、数年でも社会人を経験している為、基本的なビジネスマナーや仕事のやり方は身に付けている為、新卒よりも教育コストが低い、そしてまだ社会に出て数年のため、頭もやわらかく適用力もあり、新しい環境にもなじみやすいという事が理由のようです。

 

そもそも転職エージェントはどういう仕事か?

転職エージェントとは、求職者を転職させる事で入社した企業から報酬を貰う仕事です。だから、求職者は基本的には無料でサービスを受けられます。

 

転職エージェントにとってのお客様は転職先企業です

 

これ超重要です。つまり企業の採用活動をサポートする事が転職エージェントの仕事なのです。転職エージェントと良い関係でお付き合いする為に、相手のビジネスモデルや立場を知っておくべきです。

言葉を選ばずに言うと、求職者をサポートする事は転職エージェントの本質ではありません。しかし、多くの求職者をお客様である企業にマッチングさせる為に、多くの求職者に利用してもらう必要があります。ですので、結果として転職エージェントは無料で求職者の転職を手厚くサポートするというサービスを行っています。

この点は最初から割り切って考えた方が、転職エージェントとは良い付き合い方ができると思います。

 

大学中退というマイナスを一緒に乗り越えてくれるパートナーを探す

大学中退,転職エージェント

 

仕事でのキャリアや実績が積み上がってくれば、大学中退というマイナスポイントは徐々に薄まっていくのですが、そのキャリアや実績がない20代はその大学中退というマイナスをモロに受ける事になります。

 

つまり、通常よりも転職で成功する事が困難という事です。

 

例えば同じ25歳だとして、転職エージェントから見ても、マイノリティーで通常よりも難しい大学中退者よりも、大学卒でそれなりの企業に一度就職している求職者の方がどうしても魅力的に映る訳です。それでも、大学中退というマイナスを一緒に乗り越えて、転職先を探してくれる人は必ず出てきます。

私のような転職者でも親身になって相談に乗ってくれる担当の方に出会え、最初の転職は成功しました。

今3つの観点から、転職エージェントとの正しい付き合い方をお話いたします。

  • 複数の転職エージェントと面談する
  • 転職エージェントの担当者ともビジネスマナーを重んじて接する
  • 転職理由・希望する企業イメージ・転職後にやりたい仕事を整理しておく

 

複数の転職エージェントと面談する

やっぱり、普通にやっていては駄目ですね。

先ほどもお話しましたが、転職エージェントからすると、大学中退者というのは通常よりも転職が難しいので、積極的に扱いたいと思うエージェントは少ないと思います。だから、ここは普通以上に頑張った方がいいです。

 

複数の転職サイトに登録して転職エージェントからのコンタクトを受けやすくする。複数の転職エージェントに登録して面談を申し込む。

 

はっきりいって、複数の転職サイトへの登録は結構面倒です。各社フォーマットが違うので完全コピペもできないし、入力欄の文字数制限も価格者バラバラなので、それなりに、それぞれのサイト向けに内容を書き換える必要があります。複数の転職エージェントと面談するのも、時間と労力が掛かるので結構たいへんです。

でも、大学中退というマイナスポイントがある分、ここは頑張らないといけません。

 

普通にコンタクトを待っていても、第二新卒者のようにはコンタクトはもらえないでしょうし、一人二人の転職エージェントと面談したとしても、なかなか思い通りに進められるかどうかは分かりません。

私も複数の転職サイト、転職エージェントに登録して、色々なエージェントの担当者と会話してみました。転職エージェントも色々あって、大手と中小では全然違うし、ITに強いエージェント、ハイレベル求人に特化したエージェントなどなど。それぞれの転職エージェントで特色があると感じます。また、エージェントの担当者も人間です。どうしても、自分との相性があると感じました。コレばっかりは運だったりするので、やっぱり何人かに合ってみる意味は、間違いなくあると感じました。

前述のエージェントさんのような対応をされる場合もありましたが、親身になって相談に乗ってくれる方に出会えるはずです。

 

それと、副次的な効果もありました。

  • 面談を繰り返す事で、転職動機や希望条件を何回もしゃべるので本番の面接の練習になった。
  • 履歴書、職務経歴書、自己PR、希望条件など、アドバイスを貰いながら徐々に作り込めた。

 

因みに私の場合、親身にサポートしてくれた転職エージェントは、パーソルキャリアさん(旧インテリジェンス)でした。当時は人材派遣のイメージが強かったインテリジェンスさんですが、現在は、パーソルキャリアとして、リクルートに次いで業界2位の規模です。転職メディアとしては、以下の2つのサービスを運営しています。是非、登録してみる事をおすすめいたします。

doda

dodaは、パーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する転職サイト。転職エージェントと転職サイトの両方のサービスを提供しています。自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もニーズにあった求人をもつける事が可能です。

 

ミイダス

本当の自分の市場価値を数字として見てみませんか?

ミイダスは、無料でお気軽に市場価値をチェックする事ができます。パーソルキャリアグループの新しい人材サービスブランドです。 200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します!

 

 

私が20代の頃には無かったのですが、現在は、既卒・新卒・フリーター・中退者向けの転職サービスがあります。こちらの記事で詳しく解説していますので、是非確認してみてください。

おすすめ
就職
大学中退経験者が就職支援サービスを比較→利用して良いのはこの2つだけ【理由も解説】

  「大学中退後どうやって仕事を探せばいいのか分からない…」って思っていませんか?     ...

続きを見る

 

転職エージェントの担当者ともビジネスマナーを重んじて接する

求職者からみると転職エージェントサービスは無料で利用できます。そして、最終的に採用してもらう企業の担当者でもありません。だからと言って、転職エージェントの担当者との付き合い方を軽んじてはいけません

 

例えば、面談の時間に遅刻するのであれば、事前に連絡してお詫びする。もちろん、ドタキャンなんて問題外です。転職活動が進むと企業との面談の調整などを転職エージェントが仲介してくれますが、そういうレスポンスはある程度迅速にやるべきです。

特別な事をした方が良い、という話ではなくて、通常のビジネスマナーをしっかりやりましょうとう当たり前の話です。転職エージェントは当然そういうところも見ていると私は思っています。

転職エージェントのお客様は転職先の企業なので、ビジネスマナーが低い転職者を紹介する事で、企業側に迷惑が掛かるような事は避けたいと思うはずです。大卒者よりもマイナスポイントがある分、通常よりも意識した方がいいです。

転職エージェントの担当者は同時に数十人の求職者を相手にしています。なるべく多くの求職者の転職成功をサポートする目的があるので、ビジネスマナーがイマイチな大学中退者という風に思われて良い事なんて無いですよね。

 

転職理由・希望する企業イメージ・転職後にやりたい仕事を整理しておく

  • 転職したい理由は整理できていますか?
  • 入りたい企業のイメージは出来てますか?
  • 転職後やりたい仕事は何ですか?

これは、中退者だからというわけでないですが、転職エージェントに面談する時には最低限このくらいは整理しておいた方が良いです。

「今回の転職理由は○○○○○なので、XXXXXX業界や△△△業界の企業を希望。転職後は○○○○○の仕事をやりたい」

これらの点をしっかり伝える事で、転職エージェントの担当者も動きやすくなるし、もし、その時点でイメージした転職の何度が高いようであれば、その点をアドバイスしてもらいやすくなります。

 

例えばこんな感じです。

現場のプログラマー、SEという立場で5年ほど経験を積み、今後のキャリア志向としてはリーダーやプロジェクト・マネージャーをやりたいと思っているが、派遣社員という立場では限界を感じている。また、今まではWeb技術を磨けるという観点で業界には拘らず現場を選択してきたが、今後は以前から興味のあった金融業界に特化して強みの1つとしたいと考えている。転職先企業のイメージとしては、金融業界向けのプロジェクトをプライムでやれる企業。最初はSEから始められて、徐々にリーダー、プロジェクト・マネージャーをやれるチャンスがある企業を希望する。

もちろん、最初から全部決めておく必要はなくて、転職エージェントに相談しながら、最終的にエントリーする企業を確定するで良いです。

 

さて、いかがだってでしょうか?

大学中退そしてキャリアの少ない20代、というスペックとしてなかなか難しい状況であっても、転職活動を有利に進めていく方法はあります。

今、上手くいっていないと思っている方の何かのヒントになればよいのですが。

今日はここまでです。最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

まとめ記事

大学
大学中退から人生逆転する方法【考え方~具体的な戦略を解説】

  大学中退者が人生逆転する為に必要な情報をまとめました。   本記事の想定読者 大学に通う意味を見 ...

続きを見る

関連記事

【エンジニア転職】信頼できる転職エージェントと付き合おう

  転職活動中のあなたへ。利用してる転職エージェントとは上手く付き合えてますか?   人生の大きな転 ...

続きを見る

転職サイト・転職エージェントをフル活用すべき3つの理由【おすすめ】

  初めて転職するエンジニアの方へ   初めての転職活動って不安ですよね。 転職は情報戦です。転職サ ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

陽翔

大学中退の未経験からエンジニアになり人生逆転しました。現在は年収1000万円以上を稼ぐ外資系エンジニア。会社員のメリットを最大限に活用しながらも、会社への依存度にゼロに近づけつつ、フリーランス並みの収入を得て自由に生きています。大学中退から人生逆転する方法、未経験からエンジニアになる方法、エンジニアとして収入を増やす方法を発信中。詳細は運営者プロフィールをご覧ください。もし、宜しければTwitterのフォローよろしくお願いいたします。キャリアに関する相談を受け付けております。ツイッターのDMもしくは本ブログの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめ記事

就職 1

  「大学中退後どうやって仕事を探せばいいのか分からない…」って思っていませんか?     ...

エンジニア 2

  大学中退後の生きる道としてエンジニアになりたい、と考えるあなたへ   「大学中退者はどうすればエ ...

3

  転職して年収アップしたいです。 ググってみても参考になる情報は余り出て来ないし、どうすれば年収アップできる ...

大学 4

  大学中退者が人生逆転する為に必要な情報をまとめました。   本記事の想定読者 大学に通う意味を見 ...

5

  フリーランスエンジニアを目指す方向けに、発注者目線でフリーランスエンジニアについてまとめた記事です。ググっ ...

-大学中退

Copyright© 陽翔キャリア , 2020 All Rights Reserved.